連帯社会研究交流センター

トップ > 連帯社会研究交流センターとは

連帯社会研究交流センターとは

連帯社会研究交流センター(ReCSS)について

連帯社会研究交流センター(ReCSS/通称:レックス)は、連合大学院(連帯社会インスティテュート)と密接に連携し、その教育活動を支援する機関です。
連合大学院で学ぶ院生の調査・研究活動のサポート、社会的問題・課題をテーマとしたセミナーやシンポジウムの開催などを主な活動とし、労働組合をはじめNPO、社会的企業など、公益を追求する組織を率いる次世代リーダー育成の一翼を担っています。

事業内容

  1. 1. 連帯社会インスティテュート事業の発展のための必要な支援
  2. 2. 社会的連帯の理論と実践及びその関連領域に関する調査・研究
  3. 3. 調査・研究と人材育成・教育プログラムの連携に関わる諸活動
  4. 4. 研究に必要な図書・情報、資料の収集、整理及び情報の発信
  5. 5. 研究会、公開講座及び公開シンポジウム等の開催
  6. 6. 研究発表、研究成果の公開のための書籍、報告書等の出版
  7. 7. 国内外の連帯社会形成に関与する諸団体、大学、研究機関等との交流
  8. 8. その他目的を達成するために必要な事業
  • 組織案内(日本語版)
  • 組織案内(英語版)

連帯社会研究交流センターとは

トップへ戻る